2017年11月10日金曜日

シンボルマーク

NSUのバッテリーが届きました。シールドバッテリーなので
液漏れの心配は有りませんが、寿命は心配です。
こんなに小さなバッテリーは、今持っているテスターでは
CCA診断ができません。















チョット試乗です。62年前の車両とは思えない位快調です。
自分もバイクもリフレッシュできました。

VTXです。FRPの仕事は時間が掛かるので、一時中断し休日に
後回しします。電気周りはチビチビできるので作業します。
追加するACC電源とサイドブレーキの安全装置です。
プラ板に貼り付け、バイクのツールボックスに入れます。















リレーは小型の物にしました。ヒューズはバイクと同じミニブレード
を使いたかったが、このヒューズボックスが有ったので
これで良しとしました。

インストルメントパネルです。















タコメーターとギア―ポジションはお楽しみで取りつけました。
ウインカーのインジケーターは、タンクの上にあるので
良く確認できません。ドナルドもインパネに取付て有ります。
スイッチ、パイロットランプには表示が必要です。
⇦⇨のマークを貼ります。15年前に購入したシンボルマークのシートです。

























今ならパソコンでも作れると思いますが、耐候性は心配です。
このシートは大丈夫です。ドナルドのスイッチボックスです。















高校生の時から持っているバイクを、自宅から持ってきました。
乞うご期待。










2017年11月7日火曜日

ケツカッチン

通常の仕事がいっぱいですが、チョットの時間をみて
VTXです。ボディーの改造ですが、進みません。
小物の部品を作ります。L形鋼も型として使い、部品を作ります。















この部品を組み上げてボディーパーツにしていきます。
ちり合わせが必要な部位なので時間が掛かると思います。















気温が下がっているので、ゲルコートは半日、樹脂は1日の硬化時間が
かかります。硬化が不足していると脱型後、変形し収縮が起きてしまいます。
完全硬化しているかは、触感でわかります。

後は電気、ブレーキの仕事が残っています。それが終わってから
塗装、仕上げ、改造申請、車検となります。
ケツカッチンは来年2月です。その前に何とか完成する予定です。

NSUが大変です。バッテリーの液漏れです。









ゴムシートに電解液がこぼれています。シートを取ると
腐食しています。



腐食した部分を磨き、アルカリで中和させ塗装しました。
6Vのシールドバッテリーが見つかったので発注、これで大丈夫です。
12Vへの改造も予定していますが、時間が有りませんので
安直な方法を選択しました。

















2017年11月3日金曜日

中断

忙しくなってきました。
VTXはパニアケースの蓋ができました。















蓋はパニア本体と同じ型を使って作ります。幅の調整が
できるので、20mmの寸法差も問題ありません。















トランク部の改造です。燃料タンクが入る為拡張します。
まずトランクの底を抜きます。


















底の部分を新たに作りトランクの大きな改造はほぼ終わりました。
まだフロント部の改造が有りますが、仕事が忙しいので作業中断です。
一週間自由な時間が有れば・・・・・・。

ペット?のエビは現在8匹です。水槽の掃除の為バケツに入れます。















脱皮を繰り返し大きくなっています。今回きれいに頭部の抜けがら
が残っていました。良く見るとひげも脱皮しています。















冬になる前に川に戻してあげる予定です。


2017年10月29日日曜日

世界は狭い

WTNJの秋キャンプに参加です。いつも西湖のキャンプ場なので
ギリまで仕事をし積み込み、13.30に出発です。
今回は台風が来ているので車でPと参加です。テントは止めバンガロー
も予約済みです。
この天気でバイクで来る猛者もいてビックリです。















今回の夕食はP特製のお好み焼きでした。頂く物も多く
準備していた焼き肉は出ず終いでした。















同じ趣味なので話がはずみます。















近くに住んでいるオランダ人の方も参加していました。
2年後にバイクでオランダに帰るそうです。
まさかと思いましたが、オランダ人のサイドカーの友人の話をしてみると
知っているとの事でした。世界は狭い!!


話は弾みましたが、日ごろの疲れが出て22時に寝てしまいました。

こんな悪天候にもかかわらず17名が参加しました。















皆さんまた来年の春キャンプで会いましょう。




















2017年10月28日土曜日

スッポン

朝ツーです。気温は11℃なのでグリップヒーターを使います。















先週の台風で打ち上がったゴミ、砂がまだ残っていました。
明日来る台風の被害は無いといいのですが。

VTXの作業も時間の合間をみて進めます。
パニアケースのステーです。バイクとのクリアランスを
大きくとればシンメトリーに作くる事ができるのですが
強度の面と幅を最小にする為にはそうはいきません。















ウインカーのボディーです。抜き勾配を2゜から4゜にした為、脱型はスッポン
になりました。















ウインカーも改造です。ポジションライトも組み込む為に
W球用のソケットに変更します。















サイドカーのボディーの改造も手を付けました。
難易度が高いので治具をどのように作るか悩みます。


2017年10月24日火曜日

集中力

パニアケースです。オートバイに接する側はサスペンション、
ギア―ケースの逃げが必要です。けっこう大きめ凹ましておきます。
完成後、外側と貼り付けます。















幅はサイドカー側の方が20mm狭くなります。
後、ふたの部分を作らなければいけません・

ウインカーのボディー、3個目を型から抜こうとしたら
抜けません。簡単に雌型を作ったので熱で変形し
逆抜き勾配にになってしまっています。
型を割って取り出しました。
このボディーは今後も使うそうなので、しっかりした型を作っておきます。
2個目のボディーを仕上げ、型どりしておきます。















予定していたフレームワークは既に終わりました。
後、サイドカーのボディーの大改造をしなくてはいけません。
11月は忙しいので、リフトを使えるのも今週までです。
集中力で作業をします。

また、急患が入って来ない事を祈っています。






2017年10月22日日曜日

台風

楽しみにしていたキャンプはこの天気で中止です。
キャンプ場から断りの電話が来ました。キャンプ場までは一本道なので
安倍川が氾濫したらOUTです。

と言う事で時間が取れたのでVTXの作業です。
ハブの改造です。ネジはヘリサート加工をします。アルミの雌ネジでも
強度は有るのですが、極限仕様の為です。ベアリングも日本製
に交換しケミカル剤も使用し組み込みます。
















サイドカーのフレームを取り付けます。今回は強度アップの為
トーイン調整用のアジャストネジは有りません。
組み立てるとトーインはドンピシャです。設定値は通常の値の半分にしました。















パニアケースのフレームを作ります。















フレーム径は18mmのパイプを手曲げで加工します。
パニアを乗せるとこんな感じです。















これでパニアの内側のサスペンションの逃げが決まりました。

今回パーキングブレーキは足踏みにしてみました。
自分の車両なので、結果に関係なくいろいろな事ができます。















今週末、西湖でWTNJのキャンプが有ります。
週間天気予報は良さそうですが・・・・・どうなることやら。